ミント’s diary

大好きなチョコミントの味に因んでミント 日常や思いを綴ります。ま~だまだ50代

人生を共にしてきたボール 

 こんにちは

ミントです。

 

このオレンジのボール、切った野菜を入れたりして、料理をする際に使うボールです。

初めて一人暮らしをした時からずーっと人生を共にしてきたボールです。

 

 

f:id:mint-e:20190419113851j:plain

 

もう30数年一緒です。

なんて物持ちいいんだろう、私(笑)

 

 

もともと物は大切にする性格なのですが、こんな何でもないもの

 

ボール!

 

地方出身の私は、大学入学と同時に東京で一人暮らしを始めました。

 

その際に実家から送った荷物一式の中にあったのか、東京で買ったのか、その辺は定かではありませんが、とにかく一人暮らし最初の一歩あたりから、このボールはず~っと私と一緒でした。

 

f:id:mint-e:20190419114008j:plain

 

 

最初に住んだ、吉祥寺以西の中央線沿いの街、

大学1年生の冬に引っ越した荻窪のアパート、

卒業して一旦実家に戻り中学教師をしていた頃、

そして20代半ばで一度目の結婚をして再び上京して住んでいた井之頭線沿いのマンション、

結婚を解消してまた一人暮らしを始めた小田急線沿いの街、

二度目の結婚をして最初に住んだ西荻窪

そして今は、吉祥寺以西の中央線の街に住んでいます。

 

f:id:mint-e:20190419114051j:plain

 

 

娘が生まれてこの街に家を買ってからもう20年ほどになります。

なんとこの街、私が大学に入学して最初に住んだ街なんです。

 

なので、このオレンジのボールも再び出発点の街に戻ってきたということになります。

 

本当にたま~に以前の結婚の事を思い出す時があります。今となってはそんな事もあったな~という感じで。

 

大学卒業後勤務していた公立中学校は、問題児が多く、心身共に疲弊しました。

 

英語教科以外の仕事が多く、生活指導をするために学校に行っていたような気もします。

警察沙汰になった生徒がいれば、その学年全体の先生全員が残り、23:00以降帰宅することもしばしばありました。

 

車通勤をしていました。

 

家に帰り着くまでには、夜遅くなるとあまり自動車の往来のない道があって、暴走族が、頻繁にオートバイの音をけたたましく鳴り響かせて走っていたので、彼らに囲まれて捕まったらどうしよう、と両親はすごく心配していました。

 

課外授業でキャンプに行った時は、生徒に後ろから抱きつかれたりしたこともあります。

 

ずーっと辞めたいと思っていました。

あんなに頑張って、すごい倍率の試験を突破したのに・・・

 

そんな時、結婚の話になりました。

 

大学時代からつきあっていた、同じ大学の先輩とは、私の卒業後は遠距離恋愛でした。

 

教師という仕事が嫌になって、結婚をきっと私は逃げ道にしたのかもしない。

 

確かに好きだったし結婚もしたいと思っていたけれど、あの時、この状態から逃げたいとも思っていたのかもしれない。

 

何でもそうだと思うのですが、何かからの逃げ道に選んだ何かはきっと安易な方向なんだと思います

結局、自分の力では解決していない。

 

そんな事ってうまくいくはずもなく、やがてそれは、相手との意見の相違だったりとか、相手の親族との関係だったりとか、いろんな問題が起こった時に、不平不満となって自分の中に蓄積されていってしまう。

思い描いていたのと違う。

 

結局、2年で破局しました。

 

離婚する数ヶ月前から、「これはもうきっと別れる。」と覚悟して、仕事を見つけて働き始めていたので、離婚後、両親の「帰って来なさい。」という言葉に耳をかさず、そのまま東京に住み続けました。

 

実家に帰りたくなかった理由は他にもあったのですが、まだここで書く勇気がありません。いつか書けたらいいなと思います。

 

そうなればきっと私は蓋をしてきた自分の気持ちを、自分で受け止めることができるのだと思います。

これは私が向き合わなければならない、自分自身の中の問題なのですが、いつも目を背けてしまいます。

 

 

さて、離婚前、就職した会社で私は人生転機とも言える人と出会いました。

仕事上で、です。

人生、何事も無意味ではないと思います。

 

もうこの頃には離婚の事なんてきれいさっぱり。

女は一度決心したら、本当に強い!ということを身をもって感じました。

 

女は上書き、男は名前を付けて保存、と言いますが、本当にそうかもしれませんね。

 

再婚して出産するまで、結構バリバリに仕事しましたよ。

出産直前で退職しました。

 

娘は大学4年生になりました。

 

娘はパパもママも再婚である事を知っています。

真意はわかりませんが、話した時、「別に~」って感じでした。

 

時々、本当にたまに、気が向いたら、夕食を作ってくれます。

このオレンジのボールも使います。

「え~、そんなに長く使ってるのすごくない!」と、ボールの事を話した時は驚いていました。

 

これからもずっとこのオレンジのボールは、我が家のキッチンにいることでしょう。

 

ぼろぼろになっても、きっと捨てられないな、このボール(^_-)-☆

 

お読みいただき、ありがとうございました。

  

 

え、そんなものにアレルギー?

こんにちは

ミントです。

 

久しぶりの更新です。

 

私はもともとアレルギー体質でIgE値が高いのですが、大人になってまさかこんなものにという素材に反応することがわかりました。

 

この白いかわいらしい花を咲かせる・・・ドクダミです。

f:id:mint-e:20190405232543j:plain

 いや~なにおいがしますよね。

5月くらいから花を咲かせます。

写真のように、花自体はかわいいものの、抜いても抜いてもしぶとくて、これからの季節、庭のお手入れの際に煩わされるものの一つです。

 

私、このドクダミにアレルギーがあることが、今から8年ほど前に判明しました。

 

ところで、IgEってご存知ですか?

 

IgEは免疫グロブリンの一種で、身体の中に入ってきたアレルゲン(アレルギー原因物質)に対する抗体の事を示します。

抗体とは身体を防御する機能で、アレルギー体質の人は生まれつきこのIgE値が高いのが特徴です。

 

IgE抗体は肥満細胞と結合していて、アレルゲンが身体に入ってくると、身体を守るべく肥満細胞からヒスタミンが放出されます。

 

放出されたヒスタミンにより、痒み、鼻水などの症状が出てきます。特定の食べ物による蕁麻疹や花粉症などがそれに当たります。

詳細はこちら:日本アレルギー学会(https://www.jsa-pr.jp/html/knowledge.html 

 

子供の頃は、ダニやハウスダストにアレルギーがありました。

 

畳の部屋で、いとこたちとワイワイ走り回って遊ぶとその後が悲惨でした。

 

ハウスダストが舞い上がっていたのでしょうね。喘息のような症状に悩まされました。

 

でも、大人になったら全く症状が出なくなったんです。

 

喜んでいたものの、30歳を過ぎた、ある年の2月頃、「今年は風邪が治らないな。」などと呑気な事を思っていたら、その年、花粉症を発症してしまっていたのでした😢

それ以来、花粉症とは長い付き合いです。

 

毎年、花粉が飛散する2週間ほど前から薬を飲み始めます。

抗アレルギー薬ヒスタミンを処方されます。

 

この2つの薬の違いですが、

抗アレルギー薬は長期管理に使用され、アレルギー作用が起こらないようにするための薬、抗ヒスタミン薬は出てしまったアレルギー反応を抑える薬ということを以前お医者さんから伺いました。

 

肥満細胞から放出されるヒスタミンに抗う薬ですから、抗ヒスタミン薬ですね。

従って、即効性のあるものは、抗ヒスタミン薬です。

 

そして、今から8年ほど前、なんと私、

ドクダミ茶を飲むと蕁麻疹が出ることが判明

 

あまり人が反応しないようなものに反応してしまう体質のようです。

というのも、以前のブログで書いたのですが、ワセリンにもアレルギーがあるからなんです。

mint-e.hatenablog.com

 

 

f:id:mint-e:20190405232740j:plain

最初に、膝の裏が痒くなりました。

その後、内腿、お腹、腕と痒くなり、訳がわからなくて皮膚科で診察してもらったりしたのですが、原因がわからず。

 

チョコレート食べ過ぎかしら?とか考えて、食べるのを控えたりしたのですが、全くよくなる気配はありません。

 

最初は、身体に毒素があり過ぎて、その毒素を出しているのかと思いました(笑)

 

でも、何かおかしい

そこで、じっくり考えてるうちに、このドクダミ茶を飲むとその直後から蕁麻疹が出始めることがわかりました

 

 

ドクダミ茶を飲むのを止めたら、蕁麻疹はす~っとひいていきました。

 

結局、ワセリンにアレルギーも、皮膚科ジプシーを繰り返して「何かおかしい。」と感じて、自分で突き止めたので、普段から自分で自分をよく観察しておくことが非常に大事だと思っています。

 

因みに、花粉症は、昨年あたりから症状が軽くなりました。オイルで体質改善できているのでは、と密かに期待しています。

 

 それについては、こちらの記事で書いていますので、よろしかったら読んでくださいね。

mint-e.hatenablog.com

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

苗場スキー場とドラゴンドラ

こんにちは、ミントです。

一昨日(日)と昨日(月)の一泊二日で家族3人で苗場に行ってきました

 

着いた時は、少し雪が降っていました。

コンデイションは悪くなかったです。

f:id:mint-e:20190317162131j:image

 

宿泊は苗場プリンスホテルです。

写真のようにちょっと設備は旧式感がありますが

f:id:mint-e:20190317233306j:image

 

お部屋自体はファミリータイプで割りと広く、ゲレンデビューなので、開放感があっていい感じでした。

 

ただ、ベッドサイドにコンセントがない上に、コンセントの数が少なくて、家族全員がスマホ充電するには不便かなと思いました。

 

夫はスキーのインストラクター資格を持っているほどの腕前、私は大学生の時、初めてスキーをしたという経歴なので、上級者と中初級者。
大学生の娘は中級です。

今回、私はスキーをしないで温泉目的にして、ゆっくり過ごすことにしました。

 

夫と娘はナイトスキーまで楽しみました。

f:id:mint-e:20190317191432j:image

 

夕食は、ホテル内のレストランで、グリルと久しぶりにチーズフォンデュをいただきました。

やっぱりチーズフォンデュはレストランで食べるに限りますね!

チーズが濃厚でとても美味しかったです。

チリビーンズは辛すぎず、チーズフォンデュと相性バッチリでした。


f:id:mint-e:20190317234042j:image


f:id:mint-e:20190317235055j:image

f:id:mint-e:20190317234738j:image

アンガス牛ハラミと黄金豚のグリルです。

手前右は、柚子胡椒かんずり岩塩

かんずりというものを私は今回初めて食べました。

赤いものが「かんずり」です。
調べてみると、かんずり」は塩漬けの唐辛子を雪の上にさらしてあくを抜き、ゆずや麴などと混ぜて発酵させたもの、とありました。

ちょっと甘味があって、辛いものがあまり得意ではない私も十分美味しくいただけました

 

夜のスキー場を眺めながらの夕食でした。


f:id:mint-e:20190318000549j:image

 

 

月曜日は朝から快晴(部屋から撮影)

f:id:mint-e:20190319094140j:image

 

 

ゆっくりと朝食をとった後、今日は3人で苗場ドラゴンドラに乗車。


日本最長のロープウェイで、5,481m。片道25分くらい
雲一つない快晴で、本当に素晴らしい景色でした。

 

www.princehotels.co.jp

 

 

乗車券をホテルで購入して、ホテルから乗り場までバスで移動したのですが、同じバス内には、外国人ばかり。それもアジアからの。

ここに限らず、温泉では中国語や韓国語など昨今よく耳にするようになりました。

 

乗り場です
f:id:mint-e:20190319003814j:image

 

 

途中の風景
f:id:mint-e:20190319003927j:image


f:id:mint-e:20190319004022j:image



f:id:mint-e:20190319004223j:image

田代湖が見えます
f:id:mint-e:20190319004316j:image


f:id:mint-e:20190319004337j:image



f:id:mint-e:20190319004455j:image

 


動物の足跡が(うさぎ?)
f:id:mint-e:20190319004536j:image

 

頂上です
f:id:mint-e:20190319004559j:image

太陽光が雪に反射してとっても眩しく、サングラスが必要でした。

 

休憩場で一休み
f:id:mint-e:20190319004640j:image

「アルム」という名の休憩所。アルプスの少女ハイジを思い出します。

天井が高く、広々、席もゆったりしていて小奇麗な所でした。

でも、お料理の値段が高い!

 

ドラゴンドラは、新緑の季節や紅葉の季節もまた違った趣があって、素敵だと思います。

その後、またロープウェイで下り、帰路につきました。

下る途中、鹿の子どもが1匹、木の枝先を食べているのを発見したのですが、うまく写真に収められなくて残念😢

 

十分満喫できた2日間でした!

 

 

 

常識とは何かについて今さらながら思う事

こんにちは、ミントです。

 

f:id:mint-e:20190308110227j:plain

 

気持ちのよいお天気となりました。

庭のチューリップも3月に入り、ぐんぐんと成長しています。

ちゃんと芽を出して、時季がくれば花を咲かせ、本当にえらいな~と毎年ながら思います。

 

今から25年以上前の話になりますが、私はある方の秘書をしていた時期がありました。

その方は、新聞、雑誌でのインタビュー多数、本もたくさん出されていて、海外との交流も深い有名な方でした。

残念ながら、昨年お亡くなりになりましたが。

 

ある時、その方に言われたことがあるんです。

「〇〇君(あの頃は部下の女性を君づけで呼んでいました)は、自分の枠から出ない人だ。」

 

その時、私は

「え~、そんなことない!だって私、結構大胆な行動もするし・・・」

 

時は流れ、その後私は結婚、出産直前で退職しました。

その後、その方とはお会いすることはありませんでしたが、有難いことに出産のお祝いを頂き、年賀状だけはやり取りを続けさせていただきました。

 

娘のファーストシューズは、その方に頂いた出産祝いの品です。

今でも大事にとってあります。

 

そして、最近になって思うのは、私は世の中でいうごく普通の結婚をして出産をして、ごく普通の生活をしてきたんだなという事

 

娘が赤ちゃんの頃は自分の時間もなく、幼稚園に入園してからは少し自分の時間ができ、ママ友とのお付き合いやPTA役員やらでそれなりに忙しく悩みもあり。

 

そして小学校受験をさせて小学校~高校までは娘を私立一貫校に通わせました。

ママ友とランチしたり、PTA役員もしたりもしました。

途中から仕事も再開しました(午後からですが)

その間、ずっと娘はお弁当でしたので朝が苦手な私には少々辛かったです( ;∀;)

 

いいとか悪いとかの話ではなくて、それが何となく当たり前みたいに何の疑いもなく、そういうものだという固定観念のように生活してきました。

 

でも、この年代になって(50sです)振り返ってみて、何かもっとできる事があったんじゃないかな、と思うようになりました。

 

自分の常識の中に生きてきたと最近思います。

そして、あの時の言葉を思い出しました。

「〇〇君は、自分の枠から出ない人だ。」

 

枠から出てみようか・・・

 

そして、こうしてブログも始めました。

 

アインシュタイン曰く

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。」

 

世の中で成功している人や新しい発見をしている人は、世間でいうところの常識を破ってきた人たちですよね。

 

今から何ができるか分からないけれど、考えてるより先に何かを始めてみよう。

あのカーネルサンダースだって、60代で起業したではありませんか。

 

人生100年時代、まだまだ真ん中です!

 

お読みいたたき、ありがとうございました。

 

 

三大神オイルで体重キープ

 

こんにちは、ミントです。

暖かくなってきましたが、花粉症のシーズンも本番となってきました。
朝起きたら、目がかゆいし、喉は痛い😢
春の到来は同時に少々辛い季節の始まりでもあります。

 

ですが、ここ2年程若干ですが以前ほど酷くない。
アマニオイルのおかげかなと思っています。


長い時間をかけて少しずつ、体質改善になっているのかもしれません。

そんなお話もしたいと思います。

 

 

 

写真は、私の三大神オイルです。

上がアマニオイル、右がオリーブオイル、左がココナッツオイルです。

 

8年くらい前だと思いますが、ある時、毎朝パンに塗っていたマーガリンをやめて、オリーブオイルに変えたんです。

きっかけは、アフタヌーンティで出されるバケットにいつもオリーブオイルとお塩が付いてくること。

「あれ、この組み合わせ美味しいな!」と思い、早速、家で実行。

ちょうどマーガリンのトランス脂肪酸の弊害が話題になっている頃でした。

そして1ヵ月経った頃、何の気なく体重計に乗ったところ、

な、なんと・・・

体重が1kg減っているではありませんか!!!

 

他に食事制限などもしていませんし、これといった運動もしていなかったにもかかわらずです。

しかも、スイーツ大好きなので、毎日ちゃんと(笑)1個は必ず食べていました。

 

ン?十年前の大学生の頃は、体重が40kg前半、洋服は7号サイズのスカートがぐるぐる回り、いつもベルトをしていました。

 

夜中にホールケーキの半分を食べても全く太らずでしたが、さすがにお年頃になるとそうも言ってはおられません。

 

マーガリンを摂らなくなってから3年後くらい(とはいっても市販のクッキーなどには入っていますので、全く口にしないというわけでもないのですが)、今度は健康全般の事を考えて、料理に使うオイル全部を見直しました。

 

それが、オリーブオイル(エクストラバージン)、アマニオイル、ココナッツオイルです。

 

オリーブオイル(エクストラバージン)は、炒め物や揚げ物に使用。

アマニオイルはサラダのドレッシングに使用。アマニオイルは熱に弱いので、加熱NGです。

ココナッツオイルは、朝、米粉パンに塗ったり、お菓子やケーキを作る時に、バターと混ぜて使います。

 

アマニオイルはα-リノレン酸を豊富に含むオメガ3系オイルで、体内に入るとEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変換されます。青魚に多く含まれる脂肪酸と同じで、血液をサラサラにする働きがあります。

オメガ6系のオイルには、ごま油やコーン油に含まれるリノール酸などがありますが、摂り過ぎるとアレルギー症状の炎症が起きやすくなると言われています。

逆にオメガ3系はアレルギー症状を緩和させます。
これが徐々に体質改善となっているのかもしれません。

 

オリーブオイルは、オメガ9系のオイルです。血液中の悪玉コレステロールを下げる効果のあるオレイン酸ポリフェノールなどが豊富にふくまれており、とりわけエクストラバージンオリーブオイルはオリーブの実を丸ごと絞ったものなので、オリーブに含まれる種々の成分がそのまま溶け込んでいます。

 

アマニオイルやオリーブオイルでドレッシングを作っていますが、簡単ですので、よろしければこちらをご覧ください。

 

mint-e.hatenablog.com

 

ココナッツオイルは、一時期ブームでしたよね。ミランダ・カーなど海外の有名スターたちも愛用しています。

ミランダ・カー

「私の一日はココナッツオイルなしでは成り立たないの。サラダや緑茶に入れて毎日テーブルスプーン4杯分はとっているのよ。」

 とまで言っています。

 

ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸が含まれており、これは一般的な油よりも、すばやく消化・吸収されエネルギーになりやすいという特長を持ちます。

 

そして、これらのオイル大改革をしてから、体重をキープできるようになりました

 

大体40kg代半ばです。(身長157㎝くらい)
スイーツ毎日食べてもキープできます。

 

そして、オメガ3脂肪酸を多く含むアマニオイルを日々摂取しているからなのか、昨年から花粉症の症状が若干和らぎました。

もちろん、薬は飲んでいます。
私は、スギ花粉に対するアレルギー値が驚くほど高いのです。

 

今日もちゃんとスイーツ頂きます♥️♥️♥️

 

 

 

子供の自己肯定感を育てる

こんにちは、ミントです。

 

今日は、ちょっと真面目な話をしようと思います。

子供の自己肯定感についてです。

 

f:id:mint-e:20190221174908j:plain

 

私は、現在、小学生に教えるという仕事をしています。学校の教師ではありません。

 

過去、中学校の教師をしていたことはありますが、精神的に疲弊し、その後は一般企業に就職、出産直前で退職しました。

 

娘が手を離れた頃、再び仕事をしようと思い、なるべくなら家から近いところがいいとさがして、現在の職に就きました。

結局、再び教えるという仕事に戻ってしまいました。中学生と小学生ではずいぶんと違いますけれども。

当初、そんなに深く考えていなかったのですが、あれから7年近くも教えています。

 

7年間でいろんな子供を見て、それぞれの親御さんたちと接してきました。

 

小学生の場合、男の子と女の子では精神年齢が違いますが、だいたい中学年くらいまでは、パパ、ママの考えや言ってる事が一番正しいと思っています。

そして、頑張るのは自分のためというより、大好きなママ(たいてはパパよりママが好きです)に褒めてほしいから、という理由です。

 

ここで、すごく重要な事があります。

 

テストの点数や成績が悪かったとします。

親ならば当然がっかりしたりとか、怒ったりしてしまいますよね。

怠けていてできなかったのであれば仕方ないのですが、頑張ってもできない時があります。

 

そんな時、その結果だけをもって判断してしまい、それを繰り返していると、

子供はできない自分はだめ、できない自分は認めてもらえない、できない自分は価値がない、という概念を蓄積していってしまいます。

 

~ができるから自分には価値があり、~ができない自分には価値がない。判断基準が100か0、あるかないかになってしまうのです。

 

承認欲求、つまり他人に認められたい気持ちのない人はいないと思いますが、こういうお子さんはその度合いが強くなります。

たとえいい成績がとれたとしても、”自分が頑張った。嬉しい!”ではなく、”親や他の人に認められるから嬉しい”という気持ちです。

つまり、自分の判断基準が他人軸になってしまうのです。

 

こうなると、思春期~大人になってから、非常に生きにくい人生となってしまいます。

 

どんな自分でもOK!自分の内側に価値がある」という判断基準ではなく、常に人からの承認によってのみ自分の存在価値が認めれるからです。

 

自己肯定感とは、自分の存在価値を自分で認められることです。

今の時代、社会に出てやり抜く力が必要不可欠です。

転んでも起き上がれる力、これは他人軸では持てません。

 

子供の存在そのものを認めてあげることとは、~ができるから素晴らしいではなく、生まれてきてくれたこと自体が素晴らしいということです。

 

テストや成績が悪くて叱ったとしても、どこかいい点・・・頑張ったプロセスとか、きれいに書けているとか、以前できなかったところができているなど、どこか必ず褒めてあげるといいと思います。

 

そして、最後にギューって抱きしめてあげてくださいね

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

「飲むお酢」で、アイスクリーム、ビールがワンランク上の味に!

 

こんにちは、ミントです。

 

先日、カタログギフトから注文した「飲む酢 デザートビネガーセット」が届きました。

 

f:id:mint-e:20190217222455j:plain

 

ちょっと画像が光ってしまって見えにくいのですが(撮影下手ですみません🙇)、左からジュニパーベリーざくろ瀬戸内レモンの3点セットです。

 

これは、娘が私の誕生日にプレゼントしてくれた”やさしい気持ち”というカタログギフトから注文したものです。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

mint-e.hatenablog.com

 

説明書によると、ビール割りにしたり、アイスクリームにそのままかけたり、という楽しみ方もできるようです。

 

f:id:mint-e:20190217222117j:plain

 

どのビネガーをまず最初にあけるか迷い・・・

ざくろを開口

 

さっそく、アイスクリームにそのままかけて食べてみました。

 

たまたま家にあったハーゲンダッツのクッキー&クリームにちょっと酸味のあるざくろは合うのかどうか心配でしたが、見事にマッチ!

かけるのがちょっと下手で、下にビネガーが溜まってしまったので、次回からはスプーンで少しずつ上手くかけようと思います。

美味しく食べるには、見た目も大事です。

 

これからはまりそうです。

暖房の効いたお部屋で、冷たいアイスと温かいコーヒー🍨☕

毎日必ずスイーツ1個は食べないと枯渇してしまいそうな私は、新たな楽しみが増えてワクワクです。

美味しいものを食べると、しあわせを感じますよね!

 

 

夕食時には、ビールに20mlほど入れて、飲んでみました。

f:id:mint-e:20190218085554j:plain

ちょっと写真ではわかりにくいのですが、ほんのり紫色になって、これまた美味

これ、ビールが苦手な方でも絶対に飲めますよ!

ビールをサイダー割りすると、甘味が強くなってしまいますが、このデザートビネガーで割ると、その甘さと酸味とがほどよくマッチして、ビールがワンランク上のカクテルになります

 

何杯でもいけちゃいそうです💦

他の味も試してみます。 

 

 

デザートビネガーは、銀座に本店がある"OSUYA"というお店の商品で、店舗は他に日本橋三越店、渋谷店、町田店、ラゾーナ川崎店、仙台店、名古屋栄店、大阪ハルカス店、阪急梅田店、福岡店があるようです。


www.vinegar-world.com

 

お酢の楽しみ方、奥が深いけど、

アイスとビールは、ちょっとヤバい(笑)